コラム

就労継続支援を利用するには?

障害福祉サービスを利用するにあたって、まずは利用を開始したい事業所を探していきます。


障害福祉窓口へ相談に行ったり、WEBサイトで検索したり、通院をされている方であれば病院やクリニックがおすすめの事業所を紹介してることもあります。事業所により特色や取り組みも様々なので、色々な情報を集めて自分に合いそうな事業所を探していきましょう。興味のある事業所が見つかったら、一度問い合わせをしてみてください。見学や体験利用をさせてくれるところもあります。

まずはどこに相談すればいいの?

障害福祉サービスの利用開始には市区町村の障害福祉担当窓口に利用申請の相談をします。この申請では、障害福祉サービス受給者証の発行や利用前面談・利用計画の作成などを行います。利用計画については本人でも作成は可能ですが、ほとんどの場合、指定特定相談支援事業者が作成します。手続きについてわからないことがあれば自治体や事業所へ相談できたり、申請のためのサポートを受けることもできます。

鹿児島市役所障害福祉課はこちら

指定特定相談支援事業所って?

指定特定計画支援事業所は、障害福祉サービスの利用申請後に必要となる利用計画の作成や相談援助等の支援を受けることができる事業所です。利用開始に向けての手続きでは、ほとんどの方が相談支援事業所に依頼をされています。相談支援事業所は利用計画の作成以外にも、就労支援サービス利用開始後のモニタリング(利用計画の見直し)も行います。

障害福祉サービス受給者証って?

障害のある人が就労継続支援B型、A型、就労移行・就労定着支援などの就労支援サービスを受ける際、支援のための給付を申請する必要があります。給付が決定した際に発行される認定証のことを障害福祉サービス受給者証といいます。


この障害福祉サービス受給者証には、本人が利用するサービスの内容や利用できる日数等が記載されており、利用者はこの内容に基づいてサービスを受ける必要があり、障害福祉サービスを利用する際はサービス受給者証の手続きが必須となります。また、障害福祉サービス受給者証には有効期限もあります。期限が近づいたら役所より案内が届きますので、更新手続きが必要となります。

就労継続支援の利用期間は?

就労継続支援B型だけでなく就労継続支援A型も同じく、利用期間に制限はありません。B型の特徴として週1回の利用や1日1時間からの利用など、本人の障害や体調、体力に合わせて自分のペースで働くことができます。まずはどの程度のペースであれば無理なく利用を続けていくことができるか、相談支援員や施設職員の方と話しをしながら決めていきましょう。

事業所見学や体験利用など
気になることはお気軽にご相談下さい。